築15年でやっと外壁リフォームをしました。

外壁リフォーム代金は新築時からコツコツ貯めよう

我が家は築15年、3階建ての2世帯鉄骨ヘーベルハウスハウスです。
新築の時は友人の塗装業者に依頼したのですが、外壁塗装は10年を目安に行う事を勧められました。
その時にかかった金額は足場の料金も入れて200万円くらいだったと思います。

なんでも外壁塗装は塗装料金だけかかるのでなく、足場を組む料金もかなり高額なのでそれも入れて考えなければだめなんだそうです。

そこで新築の時から10年を目安に外壁リフォームの貯蓄を決意、毎月2万円づつ貯蓄をしていましたが、途中で子供の学費やその他の出費でかかるものが多く、200万貯めるのに15年かかってしまいました。

天災をきっかけに火災保険を一部利用するのも節約

そろそろ外壁塗装のリフォームをしようかと迷っていた時に、100年ぶりの大雪が関東に降りベランダや外階段が壊れてしまいました。
建築業者に相談すると、火災保険が使えるようなのでそれも含めてやっとリフォームを実施する事になりました。

3階まで続く外階段の修繕には足場が必要ですし、その代金は保険会社が出してくれるのでベランダや外階段の修繕と同時に外壁リフォームを済ませる事で節約が出来るとの事でした。
おかげで足場の一部の代金が助かりましたので、当初の見積もりの半額くらいで工事は済みました。

外壁リフォームを行おうと思っても、なかなかきっかけがないと進まないものですが天災が良いきっかけになってくれたと思います。

飛込み業者に注意しよう

新築から15年経過すると、やはり外壁の汚れがかなり目立ってきます。するとそこに目を付けたのか、飛込み業者が突然家に訪れたことがありました。
箱菓子を持ってやってきて見積もりをさせてくれと強引でした。

承知すると馬鹿高い見積もりを持ってきて驚いたことがあります。友人の建築会社の人に相談すると、飛込みは県外からの業者が多く、高額だから気を付けるようにいわれました。

外壁塗装は信頼のおける業者に依頼されることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です